福田 和子

#なんでないの プロジェクト代表

国際基督教大学入学後、日本の性産業の歴史や公共政策を学ぶ。その後、スウェーデンに1年間留学。日本における、女性の人生の選択肢を狭める限られた避妊法や性教育の不足を痛感し、2018年5月、『#なんでないのプロジェクト』をスタート。2019年8月から再びスウェーデンに留学し、現在ヨーテボリ大学大学院で公衆衛生を専攻中。2020年、国際的にジェンダー平等を目指すSheDecidesムーブメント、Women Deliverより世界のSRHRヤングリーダーに選出される。世界性の健康学会(WAS)Youth Initiative Committee委員。共訳に「国際セクシュアリティ教育ガイダンス(2020、明石書店)」。