伊藤 千尋

国際ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ。東京大学法学部卒業。1974年、朝日新聞に入社。サンパウロ支 局長、バルセロナ支局長、ロサンゼルス支局長などを歴任、40年にわたり主に国際報道 の分野で取材を続けた。2014年に朝日新聞退職後も、フリーのジャーナリストとして各 国の取材を続け、これまで世界82カ国を現地で取材した。「コスタリカ平和の会」共 同代表。「九条の会」世話人も務める。 主著に『非戦の誓い~「憲法9条の碑」を歩く』(あけび書房)、『連帯の時代-コロ ナ禍と格差社会からの再生』『凛とした小国』『心の歌よ!Ⅰ~Ⅲ』(以上、新日本出 版社)、『世界を変えた勇気―自由と抵抗51の物語』(あおぞら書房)、『13歳からの ジャーナリスト~社会正義を求め世界を駆ける』(かもがわ出版)、『反米大陸』(集 英社新書)、『燃える中南米』(岩波新書)など。