藤本 実

mplusplus CEO / Artist / Lighting Choreographer

1983年生まれ、兵庫県出身。自身もダンサーとしてパフォーマンスを行う中で、学生時代に出会ったウェアラブルコンピューティングの研究をきっかけに身体性とLEDの新しい表現を追求し続けている。2010年にArs Electronicaで発表した “Lighting Choreographer” が大きな反響を得て、海外からのオファーが続く。2013年にTechnology&Creatorの集合体であるmplusplus株式会社を設立。自身の経験から演者視点に立ち、演出ありきのシステム開発を行うことでこれまでの概念にとらわれないパフォーマンスの新しいジャンルを生み出し続けている。「光の振付家」として参加した東京2020パラリンピック開会式でのLED演出は記憶に新しい。