恵川 義孝

赤坂氷川神社 禰宜

早稲田大学卒業後、株式会社イトーヨーカ堂に就職。バイヤーや労働組合専従を歴任するも、8年前兄の急逝に伴い退職。國學院大學に通い神職資格を取得後、赤坂氷川神社に奉職。地域の方々と一体となり、悲願であった宮神輿の復活や江戸型山車の修復に力を注ぎ、地域各所に山車展示場が完成するほどまでに成長。祭礼の拡大や神前結婚式を柱とする傍ら、「茜まつり」実行委員、「赤坂地区活性化協議会」理事として、地域の発展のため各種行事にも参画。また勝海舟・坂本龍馬師弟像の建立や、赤坂の名前の由来となった「茜草」の育成にも寄与し、歴史・伝統の振興も推進。