能村 貴宏

北海道大学工学研究院 附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センター エネルギーメディア変換材料分野 准教授

内閣府が行っているムーンショット型研究開発事業で若手研究者からビジョンを募集する「ミレニア・プログラム」において、エネルギー問題に関する調査研究を行ってきた。 そこでの活動で技術+社会像をムーンショット的視点で、多様な研究者と検討を重ねる。 技術的には脱炭素の根幹となるエネルギー問題について、「蓄熱」技術を起点に再生可能エネルギーの有効利用技術や省エネルギー技術を開発し、エネルギーを循環・分かち合う社会システムの提案を行っている。