Sustainability
Sustainability
2022.10.5 (WED)
18:00 ~ 19:30 @ UNIVERSITY of CREATIVITY
【URBAN FARM TALK】食からはじまる都市の持続可能なライフスタイルとは?

地球環境と人の健康、ウェルビーイングはつながっている。「ホンモノ」の食を追求しているPeaceful Cuisine 高嶋綾也と、ニュージーランドの森に暮らす執筆家 四角大輔、都会で野菜を育てるアーバンファーミングを提唱するTokyo Urban Farming主宰の近藤ヒデノリ、エシカルコーディネーターのエバンズ亜莉沙。サステナブルを共通テーマに異なる活動を行なっている4人の対話から見える、これからの食からはじまる都市の持続可能なライフスタイルとは?

日程
10月5日水曜日
開始時間
18時
終了時間
19時半
視聴方法
Youtube

#Tokyo Urban Faming  #sustainability  #都市生活  #気候危機  #ウェルビーイング  #SDGs 

【日時】

10/5 18時-19時半 @赤坂UoC

トークの模様をYouTube配信

https://www.youtube.com/watch?v=L8NkMGPWIJE


 【Catalyst】
高嶋綾也(EATART代表、Peaceful Cuisine)
四角大輔(執筆家/森の生活者 /Greenpeace Japan & 環境省アンバサダー)
エバンズ亜莉沙(エシカルコーディネーター)

近藤ヒデノリ(UoC)


【Time Schedule】

18:00 趣旨説明(近藤)

 

ゲストトーク(各15分程)

18:05 高嶋が現在のライフスタイルに至った経緯など(高嶋さん)

18:20 ニュージーランドでの森の生活とウェルビーイングについて(四角さん)

18:35 アーバンファーミングの魅力と製作中の書籍について(近藤)

 

クロストーク(40分)

18:50

食からはじまる都市の持続可能なライフスタイルとは?
・地球環境と人の健康はつながってる?
・ミニマルなライフスタイルの楽しみって?
・アーバンファーミングの魅力って?

 

19:30配信終了予定


Catalyst
高嶋綾也
EATART株式会社 代表
1983年生まれ。20歳からオーストラリアやニュージーランドに渡り、帰国後マクロビオティックのカフェに勤務。その傍らでアメリカ「Living Light Culinary Arts Institute」でローフード、「クシマクロビオティック」でマクロビオティックなどを学ぶ。2010年よりYouTubeにてプラントベースのレシピ動画配信開始。2022年現在登録者240万人超。レシピ監修、映像制作多数。 著書に「PEACEFUL CUISINE ベジタリアン・レシピブック(玄光社)」, 2022年EATART株式会社 代表就任
Read More
四角大輔
執筆家/森の生活者 /Greenpeace Japan & 環境省アンバサダー
レコード会社プロデューサー時代に、10回のミリオンヒットを記録した後、ニュージーランドに移住。 湖畔の森でサステナブルな自給自足ライフを営み、場所・時間・お金に縛られず、組織や制度に依存しない働き方を構築。 第一子誕生を受けてミニマル仕事術をさらに極め、週3日・午前中だけ働く、育児のための超時短ワークスタイルを実践中。 ポスト資本主義的な人生をデザインする学校〈LifestyleDesign.Camp〉主宰。 著書に、『人生やらなくていいリスト』『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』『バックパッキング登山入門』など。 2022年9月14日、新刊『超ミニマル主義』発売。
Read More
エバンズ亜莉沙
エシカルコーディネーター
1994年生まれ。米国オレゴン州で受けた環境科学の授業がきっかけで、社会、環境問題に関心を持つ。 日本へ帰国後、国際NGOでインターンをしながら、エシカル協会主催フェアトレードコンシェルジュ認証を2015年に取得。その直後地球一周の旅をしながら発信をスタート。 「人、地球に優しいライフスタイル」を軸に、イベントディレクションやメディア出演など幅広く活動中。NHK WORLD 番組「Ethical Every Day」MC, 2021年Prettysimple Studio Co. 設立, EATARTブランドディレクター
Read More
近藤 ヒデノリ
PRESS 共同編集長/サステナビリティ研究領域フィールドディレクター/クリエイティブプロデューサー
CMプランナーを経て、NYU/ICP(国際写真センター)修士課程で写真と現代美術を学び、9.11を機に復職。近年は「サステナブルクリエイティビティー」を軸に様々な企業・自治体・地域のブランディングや広報、商品・メディア開発、イベントや教育に携わり、2020年に創造性の研究実験機関 UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)サステナビリティフィールドディレクターに就任。ゼミ「SUSTAINABLE CREATIVITY」実践編・探究編ほか、「Tokyo Urban Farming」「Circular Creativity Lab.」を主宰し、領域を越えて持続可能な社会・文化をつくる創造性の教育・研究・社会実装を行っている。 編共著に『INNOVATION DESIGN-博報堂流、未来の事業のつくりかた』、『都会からはじまる新しい生き方のデザイン-URBAN PERMACULTURE GUIDE』等。「Art of Living」をテーマとした地域共生の家「KYODO HOUSE」主宰。グッドデザイン賞審査員(2019年[取り組み・活動部門、フォーカスイシュー[地域社会デザイン]、2020年[システム:ビジネスモデル部門])他、審査員・講演多数。湯道家元で元バックパッカー、ハンモックとサウナとお酒が好き。
Read More