2022.9.6 (TUE)
19:00 ~ 21:00 @ UNIVERSITY of CREATIVITY

Swiss Vitality Talk x UoC  トークイベント 第一弾
COLLABORATIVE(協働) CONSTRUCTIONS(建設)

循環・参加・目的型の社会へ―デジタルファブリケーションと建築の実証から

crafting circularity, participation and purpose through digital fabrication and architecture


釘を一本も使わないサステナブルな木造建築物作りをロボットが手助けしてくれるの?
私たちはどうしたら自分の構築環境のデザインに関わることができるの?

スイスと日本は、そんな建築の未来を探るべく、今年の国際芸術祭「あいち2022」において、スイス連邦工科大学チューリヒ(ETHチューリヒ)のGramazio Kohler (グラマツィオ・コーラー) 研究室と東京大学のT_ADS 小渕研究室の二つのインスタレーション「Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions」を発表しました。優れた木造建築を持つ日本の伝統と知識を、スイスの技術を用いて復興するこのプロジェクトは、建築におけるデジタルプロセス、人とロボットとの協働、コミュニティの形成、そして循環型思考への移行へと眼差しを向けています。
 

そこで、スイス大使館とUNIVERSITY of CREATIVITYは共に「築き合う」ー共に築く・互いに気づき合うーの視点から、建築におけるサステナビリティ・参加・目的型の社会を考えるトークイベントを行うことにいたしました。

 

どなたもオンライン(参加費・登録不要)でご参加いただけます。一緒に私たちの未来の社会のあり方を考えてみませんか?



How can robots help humans build sustainable timber structures without a single nail, fastener or metal part? How can members of a community get involved in the design of their own built environment? This year, Switzerland and Japan are exploring the future of architecture at Aichi Triennale 2022 with “Kizuki-au 築き合う—Collaborative Constructions”, two installations by Gramazio Kohler Research from ETH Zurich and T_ADS Obuchi Lab from the University of Tokyo. Featuring Japanese all-timber tradition revived through Swiss technology, the project sheds light on digital processes in architecture, human-robot interactions, community building and the shift towards a circular mindset.
 
On this occasion, the Embassy of Switzerland in Japan, in collaboration with UNIVERSITY of CREATIVITY, is pleased to invite you to a talk event exploring sustainability, participation and purpose in architecture through the lens of “Kizuki – au”, which means “Building together” in Japanese, but also “Understanding one another”.



プログラム
19時~
本企画について ジョナス・プルヴァ 在日スイス大使館広報文化部長

第1部 キーノート
実証例としての「Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions」

19時03分~19時20分
ハネス・マイヤー(グラマツィオ・コーラー研究室、ETHチューリヒ)
19時20分〜19時30分
小渕祐介(T_ADS 小渕研究室、東京大学)

第2部 ディスカッション
19時30分~20時10分 : ディスカッション1
建築は技術によって循環と再利用を取り入れることができるの?
建築文化はコミュニティのダイナミクスを変化させ、価値創造のための新しい地平を提供することができる?
[カタリスト ]
 ハネス・マイヤー(ETHチューリヒ)、小渕祐介(東京大学)、四方幸子(批評家・キュレーター)、近藤ヒデノリ(UoC)、高橋優子(在日スイス大使館)

20時10分~20時50分:ディスカッション 2
人と機械との相互・反復作用:コンピュータ、オートメーション、ロボットはどのようにデザインプロセスを再構築するの?
それは人の創造性の役割や、建築とデジタル空間との関係を物語るものなの?
[カタリスト ]
ファビオ・グラマツィオ(ETHチューリヒ)、小渕祐介(東京大学)、齋藤精一(パノラマティクス)、近藤ヒデノリ(UoC)、ジョナス・プルヴァ(在日スイス大使館)

20時50分~21時00分
会場参加者・オンライン参加者との質疑応答



Program:
19:00 - Remarks by Jonas Pulver, Head of Communications and Culture, Embassy of Switzerland in Japan

Keynotes: case studies from Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions.
19:03 - 19:20 (17 min.) Hannes Mayer, Gramazio & Kohler Research, ETH Zurich
19:20 - 19:30 (10min.) Prof. Yusuke Obuchi, T_ADS Obuchi Lab, University of Tokyo
19:30 - 20:10 (40 min.)

Panel Discussion 1 - How can construction embrace circularity and repurposing through technology? How can architectural culture transform community dynamics, and provide a new horizon for value creation? 
Hannes Mayer (ETH Zurich), Prof. Yusuke Obuchi (Tokyo University), Yukiko Shikata (critic, curator), Hidenori Kondo (UNIVERSITY of CREATIVITY), Yuko Takahashi (Embassy of Switzerland in Japan)

20:10 - 20:50 (40 min.)
Panel Discussion 2 – Human-machine i(n)tera(c)tions: How are computers, automation and robots re-shaping the realm of design? What does it say about the human role in the creative process, and the relation between built and digital spaces?
Prof. Fabio Gramazio (ETH Zurich), Prof. Yusuke Obuchi (Tokyo University), Seiichi Saito (Panoramatiks), Hidenori Kondo (UNIVERSITY of CREATIVITY), Jonas Pulver (Embassy of Switzerland in Japan)

20:50 - 21:00 (10min.) Q&A session

[ Catalyst ]

Fabio Gramazio
Architect, Founder of Gramazio Kohler Research
Hannes Mayer
Senior Researcher of Gramazio Kohler Research
Jonas Pulver
Head of Communications and Culture,  Embassy of Switzerland in Japan

Yuko Takahashi
Deputy Head of Communications & Culture Section, Embassy of Switzerland in Japan

日時
2022年9月6日
時間
19時~21時
視聴形態
Youtube Live
主催
在日スイス大使館 x UoC

<<お詫び>> 本イベントの配信につきまして、お詫び申しあげます。
トラブルにより日本語版の配信を停止せざるを得ない状況となってしまいました。
つきましては、追って録画したものを再アップさせていただきます。

ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions

ETHチューリヒとT_ADS小渕研究室による2つのインスタレーションを常滑市のやきもの工場に囲まれた広場に設置し、建築におけるデジタルプロセス、人とロボットとの協働、技術的・文化的相互作用を追求するスイスと日本の協働プロジェクト。
このプロジェクトは2025年の大阪・関西万博へ向かうスイスのVitality.Swissプログラムのひとつとして開催されます。

VITALITY.SWISSは、ヘルシーライフ(healthy life)、持続可能な地球(sustainable planet)、人間中心のイノベーション(human-centered innovation)の3つのテーマを2025年に開催される大阪・関西万博まで展開。様々なイベントやVITALITY.SWISSウエブサイトからの発信を通して、ゆたかな未来を考え・共に築くことを目指します。
詳細:https://vitality.swiss/ja


気になるVitality.Swissの全容は9月22日に本サイトで公開いたします。それまではSNSでお会いしましょう。ニュースレターの登録もお忘れなく。