Mandala
Gastronomy
Gastronomy
2020.6.15 (MON)
14:30 ~ 14:55 @ 長谷川治療院農業部(長野県佐久市)
【開催終了】FUTURE by CREATIVITY セッション 1 『「食べる」で社会を彫刻する』

#ガストロノミー  #食べ手の革命  #創造的な食の実践者 

Catalyst
米田 肇
大阪「HAJIME」オーナーシェフ
1972年大阪府生まれ。近畿大学理工学部卒業。エンジニアとしての勤務を経て、1998年料理人に転身。日仏のレストランでの経験を経て、2008年“本当に素晴らしいレストラン”をつくることをテーマに"Hajime RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON"を開店。ミシュラン史上世界最短の1年5ヶ月で三つ星を獲得。2012年、さらなる飛躍と革新を提案するために、店名を"HAJIME"に改め、現在に至る。
Read More
木村 元紀
UoC ガストロノミー領域ディレクター
ライフワークとして、人間の味覚の拡張をテーマに実験的なガストロノミカルプロジェクトを行うCOOQ(クック)を主宰。スーパーテイスターとして、チョコレートをはじめとした菓子・茶・酒類など嗜好品の味覚の研究を進める(「第六の味覚具現化PJ」「Site Specific Spirits蒸留PJ」etc. )。希少品種のカカオ豆を選定し自身が味覚設計を手掛けた板チョコレートが、2018年「食品のミシュランガイド」優秀味覚賞を受賞。未踏の味覚の探究と並行して、食による社会革新に研究と活動の重点を置く。2019年9月スタンフォード大学 Leadership and Design Thinking for Corporate Sustainability Challenges修了。同時に日本の戦後抽象絵画の世界市場における再価値化を図るプロジェクトを進行中。食とアートを貢献の領域と定めて活動している。上智大学外国語学部フランス語学科卒。専門は考古学と言語学、世界遺産保存政策。
Read More