REPORT
AI, Big Data and IoT

CLOSED

2020.6.15 (MON)
15:00 @
【レポート】FUTURE by CREATIVITY セッション 2 『AI時代の創造性とは何か』

2020/6/15 UoC開港セッションの「AI時代のテクノロジー領域」フィールドディレクターの堀紫と、ゲームAIのトップクリエイターである三宅陽一郎さんとAIと創造について研究と実践を続けている徳井直生さんがAIと人の新時代を語る。


#AI  #IoT  #BigData  #Robotics  #人工知能と創造性  #Industry4.0  #AI時代の創造 

「これからの世界で私たちが創造していかなければならないものが3つあります。1つ目はAIそれ自体の創造。2つ目はAIを用いた創造。そして、3つ目はAIと共生していくための社会システムの創造です」(堀)


「人工知能は、今は人間の創造をアシストする立場を取っていますが、どんどん創造性を人間から学んでいくという存在になります」(三宅)


「僕がAIと創造性を考えるとき、いつもAIを2つの見方で見るようにしています。1つは鏡としてのAI。もう一つは道具としてのAIです」(徳井)





AI時代の創造性とは何か? 従来、人とテクノロジーは明確に分かれていて、テクノロジーは人にとって必要に応じてときどき使うだけのものだった。しかし、これからはテクノロジーが世界と人の間をリンパ液のように満たしていく。すると、環境と人、人とAIが無数の線で常時つながるようになる。人とマシーン、自然とデジタルといった境目がどんどん曖昧になっていくだろう。そういった世界はミラーワールド、あるいはコモングランドとも呼ばれている。そこには、リアルとバーチャルが連続し、重なり合って存在する。

大きな変化の例を一つ挙げよう。生体情報まるごとのデータ化である。ここに至って、私たちはいわばアルゴリズムとデータの塊だったのではないかという見方も出てきた。そう考えると次に可能になるのが感情や意思、いわば「心」と呼ばれるものの可視化である。しかし、これはマシーンによる人間の支配や、ディストピアの到来という話ではない。自分たちが気づかなかった自分の姿に気づくということなのだ。

AIの創造性が高まる時代に、人間の創造性もまた、高めていけるはず。その道筋を探る冒険が今、始まろうとしている。