REPORT
Human Creativity

CLOSED

2020.6.15 (MON)
14:00 @
【レポート】FUTURE by CREATIVITY キーノート 『今、なぜ創造性の学校をつくるのか』

2020/6/15 UoC開港セッションのオープニング。UoC主宰の市耒健太郎が、コロナ禍の最中開港することになったUoCが大事にしたいもの、目指すあり方をプレゼンテーション。

#キーノート  #未来の学校  #創造性  #UNIVERSITYofCREATIVITY 

「僕は、人類に残された最大の資本はクリエイティビティ、創造性だと考えています。」


「重要なのは、「なるほど」という感覚ではなく、「まさか」を愛せるか、ではないでしょうか。」


「UNIVERSITY of CREATIVITYでもっとも大事にしているフィロソフィーがあります。「We are All Born Creative」「すべての人類は生まれながらにして創造的である」です。」


創造性とは何か。

人類に残された最大の資本である創造性、それは私たち一人ひとりの好奇心と世界を結んだときに結晶する「何か」なのかもしれない。

ある人は絵や映像を創る。ある人は素晴らしい曲を創る。ある人はプログラミングをし、企業を経営する。子どもをのびのびと育てることも創造性だ。


大事なのは、予定調和ではなく、「まさか」を愛することができるかどうか。今まさにコロナは、世界のあり方を大きく変えようとしている。

働き方、生き方、創り方は今まで通りにはいかない。予想外のことが起きる時代に人類ができることは、創造性を最大限に発揮することである。


私たちは、「We are All Born Creative」というフィロソフィーのもと、誰しもが持つ創造性を高めあい、教えあう場を創ることにした。それこそが「University of Creativity(UoC)」である。

20世紀型の右肩上がり思考や、文系理系芸術系などの蛸壺的発想や効率主義を排し、越領域の学びを実現する。そして単なる学際的な学びにとどまらず、深め、実装していき社会に働きかけるものとする。

ともに新しい世界制作に取り組む仲間が、このクリエイティビティの港に集うことを祈念し、プロトタイプセッション冒頭の挨拶としたい。