REPORT
Creativity Future Forum
2021.12.2 (THU)
18:00 @ オンライン
【アーカイブ】What do we see in a decentralized future?自律分散の未来でみえる…
「将来、私たちの働き方、学び方が自律分散によって決定づけられることを信じています。なので、ATÖLYE を一企業と考えるのではなく、個人がさまざまな形でつながったコレクティブとして捉えています」(Kerem Alper )


「UoCで発見したことをDAO(自立分散型組織)のルールに統合できれば『いいとこ取り』は可能だと思います。アルゴリズムと人間性の融和こそが、クリエイティビティに不可欠だと思います」(大里学 )


「自律分散型都市になるには、『帰属』と『所有』という、表裏一体の強い緊張関係が必要」(Deniz Yazıcıoğlu)




SUMMARY

 トルコを本拠地とし、世界各所に拠点を置きながら教育やデザインなど多くの事業を手がけるコミュニティ型クリエイティブ・サービス組織「ATÖLYE」とUoCが、来るべき自律分散型社会について思考をめぐらせる共同セッション。当日はイスタンブール・ドバイ・東京を繋ぎ、文字通りグローバルな対話が実現した。
一口に自律分散と言っても、行政やブロックチェーン、デジタル化、NFT、ビットコインや新しい働き方、学び方など、その影響が及ぶ範囲は多方面にわたる。
ATÖLYEとUoCの組織構築・運営にも深く関わっており、まずその解説から始まった。
後半はお互いに自律分散型の未来像についてお題を出し、ヴィジュアルで答えていく。「全員がフリーランサーになった東京ってどんな感じ?」「イスタンブールが一夜にして『自律分散』都市になった。なにが起こった?」など、未来を見通す大喜利とでもいえるようなユニークお題に、深い洞察とひらめきに満ちた解答が飛び交った。