2022.2.9

創造性ゼミ 2022

ヨガ入門|Create your own canvas|古代ヨガから学ぶクリエイティブマインドの作り方

月曜朝、一週間を始める大切な時間。
古代ヨガの学びや動きを通して、
自己の発見、思考のコントロールを行い、
クリエイティブマインドの構築を図る。

Toshiko

#creativity  #クリエイティブマインド  #ヨガ  #アーユルヴェーダ  #瞑想 

概要


現代に生きる私たちが求めるゴール(お金、力、名誉)と真逆に存在するヨガは、どうして必要なのか?



紀元前十千年紀、書き物が存在しなかった時代に口語で伝えられてきたヨガ。人類が偉大なる自然と繋がることのできる「意識」を培う術として、アーユルヴェーダ(人類最古の医学・智慧)とともに今日まで発展してきた。
そのヨガの世界では、日が昇る時間少し前の時間をBrahma muhurtha (ブラマムハータ・聖なる時間)と呼び、私たちのマインドと身体が物事を吸収するのに最も適した時間とされている。

月曜日朝の時間、ヨガが目的とする<身体・精神・感情>の解放を講習と実践を通して学び、自らの内側でしか作り上げることのできない均衡、静寂、安定を模索し、自己の発見、思考のコントロールを行うことで内なるキャンバスをまっさらにしていき、クリエイティブなマインドの構築を行っていく。




日程


毎週月曜日 8:00 – 9:30 全10回

【第1回】3/14(月)
ヨガって何?イントロダクション - 心が求める呼吸方法
【第2回】3/28(月)
はじめての瞑想 - マインドフルメディテーション
【第3回】4/4(月)
 「Chakra とBandha - 体内エネルギーを知る
【第4回】4/11(月)
 「Mantra (サウンド) とMudra(ハンドジェスチャー)- 心と身体の解放
【第5回】4/18(月)
 「Shat Karma - 伝統的6つの体内洗浄解説とJal Neti鼻腔洗浄の実践
【第6回】4/25(月)
 「Shat Karma - Tratakaろうそくを用いた瞳洗浄の実践
【第7回】5/9(月)
 「Yoga Nidra - 眠りの瞑想 - 無意識の中の意識(ゲストNidraガイド: Darshini Prajapti)
 ※インドと日本でのオンライン実施予定のため、時間帯18:30 – 20:00 の開催予定となります。
【第8回】5/16(月)
 「太陽礼拝 - 自然と繋がるマインドと身体
【第9回】5/23(月)
 「アーユルヴェーダとヨガ - 世界最古の医学に学ぶ、食べ物と思考の関係
【第10回】5/30(月)
 「Karma Yoga - 善行のヨガ@江の島ビーチクリーン&ビーチヨガ

※初回は3月14日(月)開催予定です。
※UoC Tokyo Campus(オンサイト)での開催を基本とします。
※新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンラインになる場合があります。
※日程や時間は変更になる場合があります。




参加者留意事項

・UoCで着替えていただくこともできますが、場所が限定されていますので、ご参加される皆様はできる限り動きやすい服装でお越しください。(スカートやストレッチ性のない服装は動きが制限される可能性があります)
・UoCではヨガマットをご用意していますが、ご自身のヨガマットをご使用になりたい方はぜひお持ちください。
・体を動かす時間が続くこともありますので、水分補給できるものをお持ちください。


対象者


ヨガは遠い昔、人類が自然と繋がるために、自分自身の心と身体、そして魂に意識を向ける術として修行の手段とされてきました。身体の硬さや柔らかさ、運動の得意不得意、瞑想経験の有無、スピリチュアルな思考やそうでない思考の方も、「現代ヨガ」がもつイメージの敷居を無くし、ご一緒に内なる生命の波動を感じていけたら幸いです。



募集人数


10〜15名程度を予定しています
※本ゼミではアシスタントの募集はおこなっておません




参加費


社会人3万円(税込) / 学生1万5千円(税込)
※高校生以下の方は保護者の同意が必要になります
※参考文献や制作物にかかる材料などをご購入いただく場合があります



 

ご応募方法

以下の2つをもって応募完了とさせていただきます。

どちらかが完了できていない場合、ご応募完了とはなりませんので、
ご注意ください。

step 1

全ゼミ共通・エントリーフォームへの
必要事項のご入力


エントリーフォームへの入力に加え、各ゼミで設定している課題を提出いただくことで応募完了となります。
エントリーフォームへの入力だけでは応募完了ではありませんのでご注意ください。

エントリーフォームはコチラ
※エントリー受付は終了いたしました。



step 2

応募課題のご提出


応募者が一定数を超えた場合、提出いただく課題をもとに選考とさせていただきます。
応募の際は下記内容をA4程度におまとめいただき、メールでご提出ください。

●ご自身の紹介文

●応募理由

※メールには以下の内容を記載のうえでご応募ください。
1、件名に [ 課題提出|お名前 ] を記載する。
2、本文に参加したいゼミの名前を記載 + 課題を添付する。
 


応募課題のご提出先 ⇨ yoga@uoc.world

ゼミごとに課題提出先メールアドレスが異なります。
各ゼミ詳細ページをご確認のうえ、お間違いのないようにご応募ください。
応募いただいたメールへの返答は、当ゼミ担当者から個別に実施させていただきます。



募集スケジュール


1

募集開始:2/9(水) ~

ご応募締切:2/28(月) 正午まで
※エントリー受付は終了いたしました。

2

ご参加可否決定:3/7(月) ~
応募いただいた情報をもとに選考を行います。
3月7日以降、各ゼミの初回開催日1週間前を目途にご参加可否のご連絡をさせていただきます。

3

参加費お支払い:3/8(火) ~ ゼミ初回まで
参加が決定した皆様には、参加費の支払い方法をご案内させていただきますので、
必ず所定の方法で期限までのお支払いをお願いいたします。


問い合わせ先:
info@uoc.world
課題の提出先はこちらのメールアドレスと異なります。
こちらのメールアドレスに提出いただいても課題提出とはなりませんので、
ゼミごとの専用メールアドレスにお願いいたします。

注意事項:
ゼミセッションの様子はUoCの公式記録(本、アーカイブ、ウェブ等)に
使用させていただく可能性があります。
内容や日時は参加者にあわせて変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
ご入力いただいた個人情報は『UNIVERSITY of CREATIVITYプライバシーポリシー』の考え方に基づき、
適切に取り扱います。


創造性ゼミ2022 TOP はコチラ⇦

Catalyst
img
Toshiko
One Step Greener Yoga・Berto’s Ginger Beer

イェーテボリ大学(瑞典)にてファインアート、テキスタイルを学び、その後ノッティンガムトレント大学(英国)にてファッションデザイン修士課程を修了。モノを作るときの集中力や脳の中身はきっと瞑想状態と似ている、そんなことを感じながら帰国後会社員として勤める傍ら、ヨガの世界へ入門。日本のマーケットに広がる「おしゃれなヨガ」の世界ではなく、本物を知りたい、と国外出張の度に世界各地のヨガスタジオを訪れる。 そして2019年インド・リシケシュにてハタヨガ・アシュタンガ・ガイド瞑想の領域でインド政府公認100時間を修了。現地で学んだ瞑想や呼吸法に魅せられ、4か月後再び渡印。ゴアにて1か月滞在し、ハタヨガ、ヴィンヤサヨガ、ガイド瞑想の領域にて全米ヨガアライアンス200時間を修了。現在も会社員でありながら、ヨガがもたらす意識、呼吸、動きを広める活動を行う。 湘南に住み、海岸ごみ10Lと交換で無料のビーチヨガを提供するOne Step Greener Yogaや、自家製の発酵ドリンクGinger Beerを体験してもらうイベントを開催している。

Read More