2022.3.23

Human Creativity

【連載】Z EYES トビタテ!Z世代の視点 Vol.2

この連載は、UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC) × トビタテ!留学 JAPAN*の協働によるプロジェクトです。トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム奨学生(以下、トビタテ生)が、その様々な渡航先で何に注目したのか? 帰国した今、何に注目し、これから何をしようとしているのか? Z世代と呼ばれる彼らが注目する "創造性の種"が、みなさんの発想の転換や何らかのアクションにつながれば幸いです。

プロフィール

トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラム大学生コース6期生で2017年にヨルダンへ留学。シリア人難民支援団体で支援活動を行い、アラブの情報を伝えるネット番組などを制作していた。大学卒業後は、マーケティング企業の広報を担当していたが、学生時代の経験を生かしたいと考え国際人権NGOの広報・ファンドレイジングへと転職。産官学などの多様なセクターが社会課題に向けて協力し合うための場づくりをすることが当面のミッション。

・ ・ ・ ・ ・


留学中に感動したモノ・コト、その中で感じたクリエイティビティとは



文化・慣習に溶け込むということが、私が留学中に感動した出来事です。私は引っ込み思案で人見知りが強いタイプです。留学直後は、あまり異国の地に馴染めていなかったと思います。街を歩けば、珍しいアジア人として好奇の目で見られていることにストレスを感じていました。しかし、あるときにムスリムとしての一般的な服を購入しそれを着て街を歩いた時、多くの人々から快く声をかけられ、歓迎され、とても温かな交流をしました。私と彼らでは、生まれも育ちも全く異なり、感性や考え方も違いますが、文化というミームを通じて手を取り合うことができたのです。目に見えるものよりも、国や人々が紡いできた文化こそが他者を繋ぐ鍵です。そのさまざまな鍵こそが、私が感じたクリエイティビティです。



帰国後・最近感動したモノ・コト、その中で感じたクリエイティビティとは


出典:Human Rights Now


帰国後に感動したことは、選挙における投票率を向上させるためのムーブメントです。選挙権を初めて持ったとき選挙に行きましたが、周りでは選挙に行かない人もよく見かけました。その経験からか「選挙って別に行かなくてもいいのかな」と思ったことが、私の選挙に関する第一印象です。しかし、ここ数年で同じ世代が選挙に関する運動を行ったり、著名人が呼びかけたりと選挙に対する意欲が少しずつ醸成されてきている印象を受けます。こうした運動を起こし、社会全体に意義を問いかける姿勢、他者を巻き込む動き自体がクリエイティビティの一種だと感じます。ですので、それぞれの意見をわかりやすく伝え、一人ひとりが納得のいく答えを出せる仕組みづくりが、次に注目したいクリエイティビティです。



私にとってのクリエイティビティと、それを今後どう活かしていきたいか


他者を繋ぎ、課題を解決する仕組みが、クリエイティビティだと感じます。クリエイティビティという言葉自体は、アートや芸術的のニュアンスで使われる言葉だとひと昔前は思っていました。しかし、今は、脆弱な立場に立たされてしまった人々や、社会課題に直面する人々を救済する仕組みやエコシステムもまたクリエイティビティの一つだと気付きました。そうした仕組み作りを広げるために、社会課題に近いところで働きつつも、ビジネスサイドに関わり続ける働き方をしています。そうすることで、社会課題とビジネス領域の橋渡しを行い、さらなる仕組み・エコシステム創出に寄与したいと考えています。

自分を表すハッシュタグ

#ファンドレイザー
#パラレルキャリア
#仕組みづくり
 

尊敬するヒト・モノ

アーティストの平沢進さんを尊敬しています。2022年現在で67歳だったかと存じますが、ユニークな楽曲・楽器制作を続けていることや、活動の姿勢がチャレンジングで平沢進さんが作り出そうとしている世界にいつもドキドキしてしまいます。

 

最近感じたクリエイティブなモノ

Public Affairsという仕事が、クリエイティビティだなと感じます。新しいサービスや商品、仕組みを社会に導入するために法律や政策という社会のOSを変えていく仕事にクリエイティビティの片鱗を強く感じました。


*トビタテ!留学 JAPAN とは
文部科学省の官民協働留学促進キャンペーン。若者の留学機運を高め倍増する目標を掲げて2013年にスタート。主な取り組みである「日本代表プログラム」は、100%民間の寄附を財源とし、民間企業約250社から121億円以上の寄附を受け、返済不要の奨学金でサポートする留学支援制度です。既に約9,500名以上を選抜し約100か国に留学しています。その他、高校生向けの海外関心喚起施策「#せかい部」を展開するほか、オールジャパンで留学を応援しています。
https://tobitate.mext.go.jp