2023.1.18

UNIVERSITY of CREATIVITY

【tokonoma vol.3】Beauty is in you and me / 美はわたしとあなたのなかにある

「美とは見る人(beholder)の目の中」にあるということわざが英語にある。

このことわざでの「見る人」、と言うと一見受信者というイメージが浮かぶ。でもその目とは送信者・作者の目のこともいう。

その美しさが両面から放たれるときこそ本当の美しさ、非言語の輝きが生まれるのだと思う。

ここ10年、私は思えば作者と視聴者がつながれるものづくりの現場にいた。

シブヤフォントもその一つの例。障害福祉の現場でさまざまな障害や特性をもつ参加アーティストが描く些細な絵、イラストや文字をデザインを学ぶ学生が自らの視点とスキルを通して再解釈しデジタルデータを制作しているプロジェクト。

アーティストが原画をかいて、それを受け取ってデザイナーである学生がきらめくと思う部分を引き出し、新たな美しさをみんなが使えるデジタルデータとして出す。

もちろん本プロジェクトには障害のある方の経済自立などの目的はある。でもそれ以上に世の中を美しいもの、埋め尽くしたい。作った人も使う人もみんなが国境を越えてシェアできる、人間味のある美しいもので溢れる世界になってほしいという気持ちが強い。
また「障害者アート」というと皆さんイメージもなんとなく浮かぶだろう。でも最近そのイメージが先走り、障がい者が作るものはこんなものという固定概念も生まれてしまう。本来クリエイティビティは人間にとって平等で多彩であるべき。そこに固有名詞はいらない。美しさの種類も同じでではないか。

そこにスタンダードはない。じゃあ、何を見ればいいのか。簡単だ。被写体に潜むエネルギーと感情。それが技術と重なり、そのものにしかない独自の美しさ = 質感が生まれるのだと思います。あまり深く考えず、じっくり見れば見るほどそれは見えてきます。

シブヤフォントには、アーティスト側にもデザイナー側にも、さまざまなスキルや能力を持った人たちが集まっています。スキルは二の次。大切なのは、結果だけでなく、人と人との触れ合いから生まれるストーリーなのです。このアーティストさんは普段こんなことが好きだよ。デザイナーさんがこんな素材進めてくれたから最近色を重ねることにハマってきたよ学生さんに絵を見てもらってうれしかったから今日は張り切って新作つくったよ。アートワークを生み出す空間をシェアしていくことでアーティストとデザイナーのインタラクションだからこそ生まれる美しさが出来上がります。デザイナーもアートワークを素材とは見ず、アーティストの一部として理解していく。「障がい者アート」ではない一人の人間が作ったもの。シブヤフォントのパターンやフォントもよく近ずいてみるとその制作の跡、手の軌跡つまり物語が見えてきます。

この20年、世の中の美しさはどんどん平面的な美しさになってきた。画面越しなどに0.3秒見て目先のものの美しさや価値を判断する時代。良い悪いの判断が瞬時的になり、物の中に潜む「質感」というものがどんどん消えてきている感覚もある。そしてものだけでなく行いごとに関してもこれは正しい、これは間違いという境目も広まるばかりになる。表面だけに止まらない奥のものを感じ取る力を失えばどんどん白黒などの分かれ目広がりどんどん優しくない世の中になってしまうと思うんです。大袈裟に思えるかもしれないですがものから人を思うことは最大限の平和の象徴だと思います。

シブヤフォントも多くの beholder に使ってほしい。500種類にも渡るデザインの数々。その使い道は多岐にわたってきた。その使い道を見た私たちは、「この人たちはこう見てくれたのか」と自分達と反対側にたつbeholder がみる美しさをみることができる。そしてそれが現場に伝わりまた新たな美しさを生み出す。
そんなシブヤフォントのパターンやフォントの数々。私1デザイナーや消費者からしたらすべてのものが自分のスタイルのものではない。一見「かわいい!、きれい」と瞬時に見てしまうシブヤフォント。一旦止まって一息ついて見つめてみよう。そこには見れば見るほど計り知れない美しさがどことなく続いている。あなたにしか見えない美しさが。

“Beauty is in the eye of the beholder” 

When we think of this saying, many of us might imagine the beholder to be someone who is on the receiver’s end. But in fact both the maker and the audience are equally the beholder. When a sense of beauty is released from both sides.  That's when true beauty, not defined by logic, is born.

Come to think of it, for the past 10 years I feel I have worked in places that link the maker and the receiver.

SHIBUYA FONT is one such example. In this project, design students create drawings, illustrations, and text drawn/written  together with  participating artists with various disabilities and background working/living in social welfare organisations, creating digital design patterns and fonts  testing their own design skills.

The artist draws the original artwork, the design student receives, interprets and then enhances the spark they see within the drawing to create a new beauty in the form of digital patterns / fonts that can be used by anyone.

Of course, one of the main goals for the project is giving more economic independence for people with disabilities. But more so than that, I want the world to be filled with beautiful things. Beautiful things with the human touch have the power to  transcend differences in us.

Also, when you think of art by people with disabilities (often called Art Brut or Outsider Art), a certain image or style may come to mind for some. Creativity is equal regardless of experience or background. Pronouns are unnecessary. The same goes for types of beauty. What it is (the factual things surrounding the object) does not fully define beauty.

There is no set standard. Then what is it we should be looking for? It's simple. The energy and emotion behind the subject/object. When this is  combined with practical skills, a unique beauty i.e. defining quality is born. One which can only be found in THAT thing. Just stare at it without any deep thought. The more you look the more you can see that unique quality and beauty.
People with various skills and abilities reside in SHIBUYA FONT - both on the artist’s side and the designer’s side. Skills often come secondary. What matters more is not only the result but the story that is generated from the human  interaction that enabled the creative result.

“This artist usually likes this kinda thing.” “Thanks to your suggestion they recently got into layering colours” “ They were so happy when a student appreciated their work, they went all out and created a new style of work”. By sharing a creative space, a genuine beauty only possible through the interaction between that artist and that designer is created. The designer does not see the artwork as a mere design material, but understands it as a part of the artist. Something that is a part of a human being , not a drawing by a “disabled” artist. When you look closely at the patterns and fonts of SHIBUYA FONT, you can see the traces of that  creative process and interaction, the traces of the hand, a human mark,  in other words, the story behind the design.

In the past 20 years, the standard of beauty in things has become more and more flat, and two-dimensional. Many of us live in an age in which we judge the beauty and value of an object or design by looking at it for 0.3 seconds through a screen. Judgments of good and bad have become instantaneous, and there is a sense that the "texture" that lurks within things is rapidly disappearing. The boundary between what is right and what is wrong is becoming wider and wider, not only in terms of things, but also in terms of actions. If we lose the ability to sense something deeper than just the surface, the division between black and white will become wider and wider, and I feel the  world will become less and less kind. It may seem exaggerated, but I believe that thinking about people or things that are deeper than surface value or facts is one way of achieving acceptance and peace for all.

We want many beholders to use the Shibuya font. Over 500 designs, completely different from one another. The designs have been used across a diverse range of things and sectors. When we as SHIBUYA FONT see how they are used, we also get to see the beauty that the beholder on the other side sees within the design. Showing us a completely different way of seeing. This is then conveyed to the artist, who strides to create a new form of beauty.

To be honest, not all the patterns match my personal design style or taste. But to me, all of them have their unique value and beauty and I cherish each and every one of them. One may just see the surface quality of SHIBUYA FONT as something cool or cute! And that's ok. But look deeper, and you will see a beauty that continues on from that. A beauty that only the beholder can see and hold on to. And that, to me is true beauty.


 

#1 Windows by あやか(工房ぱれっと)& 加藤瑠菜 
街のいろんな建物の窓をイメージした作品。綾香さんによればそれぞれのまどに違う人が住んでいるらしい。そう聞けばそれぞれの窓の色やテクスチャーの違いもその表現なのかとも思えてくる。
https://www.gotouchifont.jp/downloads/3221/




#2 group(原画)by ストライドクラブ&ワークささはた&平林麻衣 
https://www.gotouchifont.jp/downloads/group/




#3 今年度の参加作家の作品の一つ 。
デザイナーの提案のもとさまざまなスクラッチ作品を作成。最終的には採用されなかったがすごい意思とエネルギーが感じられる




#4 Passion no reason / 情熱に理由はない(原画) by Coloring Time×工房ぱれっと & 鄢 貝羽 の原画 
なぜこの色にしたのか、この形に、このモチーフに。理由なんてわからない。ただそこには大大なる情熱はある。
https://www.gotouchifont.jp/downloads/3128/




#5 アーティスト 河合真里 (工房ぱれっと)
Stream of city A の元となった原画。ビルの窓を書いているのが楽しくなるどんどん繋げて描いていったら出来上がっていった。
https://www.gotouchifont.jp/downloads/4776/




#6 Mドット by みずき(絆の会ふれんど)& 馬瀬日向子
デザイナーと創作の時間を過ごすようになりちょっとずつ描くものに変化が出たみずきさん。色の重なりや丸のテクスチャーがそれぞれ違い独自の美しさがそれぞれある。
https://www.gotouchifont.jp/downloads/mdot/



#7 CITY at night / 夜のまち by あやか(工房ぱれっと)& 加藤瑠菜
デザイナーがよういした渋谷の夜のネオン街の写真を見ながら、制作したコラージュ作品。
さまざまな色・形・テクスチャーが重なり合うことで作品に深身のある質感が生まれる。
https://www.gotouchifont.jp/downloads/3215/


シブヤフォント: 渋谷でくらし・はたらく障がいのある人の描いた文字や絵を、渋谷でまなぶ学生がフォントやパターンとしてデザインしたパブリックデータ。ライセンス契約などを通してさまざまな企業とこらぼ。売上の一部は直接障害をもつ方に還元される仕組みになっている。https://www.shibuyafont.jp/



【Tokonoma】は、日本家屋におけるお客様を迎える床の間のように、UoCウェブサイトのトップページにおいて様々な非言語の創造的表現を紹介する連載です。

Catalyst
img
ライラ・カセム
アートディレクター・研究者

デザイナーの観点から障害福祉の現場の創作活動とデザイン実技を繋げ、協働創作を通して商品開発や様々なプロジェクト企画・運営。障がいのある人々の経済自立・社会参加と共にデザイナーや企業の社会意識を促す活動をしている。その象徴でもある「シブヤフォント」(https://shibuyafont.jp/)ではアートディレクターを務め、近年で本プロジェクトはグッドデザイン賞や内閣府オープンイノベーション大賞など多数の賞を受賞。2021年からACC TOKYO CREATIVITY AWARDS, 2022年からGOOD DESIGN審査員も務める。東京大学大学院の「共生のための国際哲学研究センター(UTCP)」で上廣共生哲学講座特任研究員も務める。東京藝術大学大学院博号取得(デザイン)Profile Photo by SOLIT! 

Read More