2021.12.9

Sustainability

【Report】EARTH MALL|渋谷スクランブルスクエア「2nd Anniversary」

渋谷スクランブルスクエアにて「Love is Sustainable」をテーマに開催されたイベント「2nd Annviersary」。12F展示スペースにて、博報堂のSDGsアクションプラットフォーム「EARTH MALL」との協働により、廃棄太陽光パネルを天板に用いて展示台で様々なエシカル・サステナブル商品を展示した。10社の展示物は小さなチョコレートから大きな家具まで大きさが様々であったことから展示台の高さをそれぞれに合わせて可変できるように設計。会期終了後も、展示に使用された什器が別のかたちで再利用されるようデザインした。


#Circular Creativity Lab  #SDGs  #サステナビリティ 






Client : SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
Location : SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
Usage : Exhibition
Construction : TANK (Architecture) / PROTOLEAF,Inc. (Planting)

Producer : Hidenori Kondo (UNIVERSITY of CREATIVITY Filed Director)
VI : Yusuke Namito (UNIVERSITY of CREATIVITY Art Director)
Architect : Ryo Yamamoto (Spicy Architects)
Photo : Tomoyuki Kusunose











Catalyst
img
近藤 ヒデノリ
PRESS 共同編集長/サステナビリティ研究領域フィールドディレクター/クリエイティブプロデューサー

CMプランナーを経て、NYU/ICP(国際写真センター)修士課程で写真と現代美術を学び、9.11を機に復職。近年は「サステナブルクリエイティビティー」を軸に様々な企業・自治体・地域のブランディングや広報、商品・メディア開発、イベントや教育に携わり、2020年に創造性の研究実験機関 UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)サステナビリティフィールドディレクターに就任。ゼミ「SUSTAINABLE CREATIVITY」実践編・探究編ほか、「Tokyo Urban Farming」「Circular Creativity Lab.」を主宰し、領域を越えて持続可能な社会・文化をつくる創造性の教育・研究・社会実装を行っている。 編共著に『INNOVATION DESIGN-博報堂流、未来の事業のつくりかた』、『都会からはじまる新しい生き方のデザイン-URBAN PERMACULTURE GUIDE』等。「Art of Living」をテーマとした地域共生の家「KYODO HOUSE」主宰。グッドデザイン賞審査員(2019年[取り組み・活動部門、フォーカスイシュー[地域社会デザイン]、2020年[システム:ビジネスモデル部門])他、審査員・講演多数。湯道家元で元バックパッカー、ハンモックとサウナとお酒が好き。

Read More
img
山本 稜
建築家

2016年東京理科大学工学部第一部建築学科卒業。2017年リスボン工科大学(Instituto Superior Técnico)留学、2018年東京理科大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。有限会社スキーマ建築計画を経て、2020年Spicy Architects設立。 Graduated from the Department of Architecture, Faculty of Engineering, Tokyo University of Science in 2016. He studied abroad in Instituto Superior Técnico in 2017 and the Tokyo University of Science Master's degree in 2018. After working for Schemata Architects, he founded in Spicy Architects 2020.

Read More