2022.9.21

Human Creativity

【連載】Z EYES トビタテ!Z世代の視点 Vol.7

この連載はUNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)×トビタテ!留学 JAPAN*が企画した連載プロジェクトです。本プロジェクトは、海外経験のあるトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム奨学生(以下、トビタテ生)を対象とし、トビタテ生が各々持っている"創造性の種"を明らかにします。“創造性の種"に触れ合うことで、思考・発想の転換の第一歩を踏み出し、皆さんが何らかの「アクション」を起こすきっかけになれば幸いです。

#Z世代 



プロフィール
1996年、東京湾に浮かぶベッドタウンで生まれ育つ。大学入学を機に茨城県で暮らし始め、農業に出会う。研修で訪れたフランス・ボルドーで風土を映し出すワインに惹かれ、環境と作物の関係性をひも解く植物代謝学を専攻。2020年、トビタテ!留学 JAPAN日本代表プログラム11期生としてフランス国立農学研究所に研究留学。大学院修了後はサステナビリティを主軸に活動し、大人の食育プロジェクトを発足。2022年4月よりユーグレナ入社。趣味は産直で買った野菜で料理をすること。


留学中に感動したモノ・コト、その中で感じたクリエイティビティとは



フランス国立農学研究所での研究生活では、毎日12時からラボのメンバーと食堂でランチを共にするのが楽しみの一つでした。食堂で驚いたのは、ベジタリアンのメニューが選択肢として当たり前にあることでした。ネギやマカロニを使ったグラタンや、ポテトたっぷりのキッシュなど、肉・魚と同様に日替わりでボリューミー、値段も均一で全く特別なものではありません。気候変動対策を理由に肉の消費量を減らす食習慣にしようと思っても、日本の大学では選択肢がなく実践できずにいました。植物性食材だけを使って毎日異なるメニューを用意するのは簡単なことではないはずですが、食の多様性を尊重するラボの食堂のメニューに、クリエイティビティを感じました。


 


帰国後・最近感動したモノ・コト、その中で感じたクリエイティビティとは



障害の有無や体型、セクシュアリティに関わらず誰もが着られる服を受注生産で作るインクルーシブファッションブランドに出会いました。フランス留学中に私は「自分は自分、ひとはひと」と他人の目を気にしない文化に触れて、誰もが自分らしく生きられる社会を切望するようになり、多様性や福祉について視野を広げようと大学院修了後に半年間そのブランドでインターンをしました。指に麻痺がある方でも留められるマグネットボタン、肩の可動域が狭く羽織る動作が難しい方でも着やすい素材やカットのジャケット、12サイズ展開で丈やサイズを部位ごとに変えることができ、レディースとメンズの区別がない服。どんな私であっても受け入れてくれる、クリエイティビティを感じました。



私にとってのクリエイティビティとそれを今後どう活かしていきたいか?

選択肢があり、それを自由に選べる時に、私は安心を感じるとともに、クリエイティビティによって支えられていることを感じます。
この春新社会人になるにあたり、今度は私も自身の「クリエイティビティ:精神的・身体的・時間的・経済的etc.の制限をとっぱらい、人々が自由にものごとを選べる選択肢や余裕を創造する力」を活かしながら、社会のシステムチェンジに挑戦していこうと思います。同時に、関心が高い食のサステナビリティの分野だけでなく、知らない世界や多様なひと、文化や自然に触れて共感しながら、私と私の周りのひとのクリエイティビティを育てていくことも大切にしていきたいです。健やかな地球の上で、誰もが安心していきいきと過ごせる社会を目指して。 

自分を表すハッシュタグ

#食いしんぼう
#好奇心
#とりあえずやってみる
 

尊敬するヒト・モノ

これまでに出会った、ワクワクを原動力に挑戦し続ける大人たち
 ーいつだって心の声に素直に生き、違和感があれば声に出し、いくつになっても行動しながら人生を楽しむ大人たちに、家で、ラボで、畑で、会社で、地方で、海外で、出会う度に影響を受けてきました。

最近感じたクリエイティブなモノ

ワイン
  ー食べものに対して大量生産や均一な品質が求められる時代に、土壌によって、気候によって、作り手によって、その年によって、味が毎度変わっても、多様性を受容し、違いを楽しむのが当たり前な文化を持つ食べものって、ワインの他にあるでしょうか。


********
 
*トビタテ!留学 JAPAN とは
文部科学省の官民協働留学促進キャンペーン。若者の留学機運を高め倍増する目標を掲げて2013年にスタート。主な取り組みである「日本代表プログラム」は、100%民間の寄附を財源とし、民間企業約250社から123億円以上の寄附を受け、返済不要の奨学金でサポートする留学支援制度です。既に約9,500名以上を選抜し約100か国に留学しています。その他、高校生向けの海外関心喚起施策「#せかい部」を展開するほか、オールジャパンで留学を応援しています。
https://tobitate.mext.go.jp