2022.2.9

創造性ゼミ 2022

Create Liveliness|YATAI   にぎわいのモジュール

ちょいと一杯ひっかけたい
フーフーいいながらホフホフしたい
外気と熱気の寒暖差にクラクラしたい

へい、おまち!
神出鬼没のにぎわいモジュール YATAI
いままでずっと会えなかったから
ポストコロナは界隈性の時代へ

スマートだけだとつまらない
さぁ 血の通わなくなった都市に出て
にぎわいの依代メッシュを張ろう
あゝ 良い宵〜

波戸 祐輔

#関係性のデザイン  #都市  #都市生活  #建築  #公共空間  #technology  #テクノロジー  #食  #即興性  #粋  #生き方  #非言語  #遊び心  #社会彫刻  #ニューアブノーマル  #プロトタイピング 


東都名所高輪廿六夜待遊興之図 / 歌川広重

早く手軽に すしが食べたい。
屋台で、客の目の前で握られたすしは、江戸っ子の気質にぴったりでした。

人の顔が見えない街。コンクリートが目に痛い。
とってつけの公園、プロムナードはたくさんあるが、どこか閑散としている。
巨大ショッピングモールのテンプレ。
フードコートはどこも盛況だけど、味気ない。
はみ出ると怒られる、厳しすぎる制度。昔からの習わし。
がんじがらめの都市。漂白され、血の通わない都市。

こんな↑にぎわいが起きにくく、文化が根付きにくい都市空間を、
そのまま生かしながら、即席でサササっとハックできないか?

ギアとして使えるYATAIモジュールをプロトタイピングしながら、
ヒトはどうしてにぎわいを欲するのか、
界隈性 をテーマに、
これからの都市と人の関係を研究します。



ゼミの概要


にぎわいのためのモジュール
をプロトタイピングする


早い! うまい! 安い!
今宵はどの街でYATAIを開こうか。
フラっとやってきて、パパっと拡げれば、
あったかい灯や匂いにつられてヒトが集まり、
いつのまにかそこが、にぎわいの場所になる。
そんな粋なモジュールがデザインできないか。


界隈性が付着する依代メッシュをデザインする
YATAIの集合体が、海苔の養殖網のような即席ムーバブルグリッドとなり
街の目を細かくし、たむろしやすく、活気・文化が滞留しやすくなる。


屋台デザインを概念で終わらせない
余力でつくるからカタチが概念を脱せないし、スケールしない。
UoCの「YATAI project」は、料理人がプロの道具として使えるギヤを追求し、
スタンダードを生み出したいと考えています。


Transformability × Transportability
あらゆるYATAIへフレキシブルに適応する
×
持ち運びやすさ・軽さ・外での強さ・手軽さ
を追求しプロトタイピングします。





ゼミ生・対象


共同プロトタイピングのためのプロフェッショナル

集まれ⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎


★フレキシブル × 軽量 × コンパクトのギア開発!
★建築家 / プロダクトデザイナー!
★屋台文化を原点進化させたい!
★やわらかい都市開発!
★場ににぎわいを!
★循環するサプライの仕組み!
★食と保健衛生の未来!
★にぎわいのdata visualization!
★あたらしい屋台を実装したい!

プロトタイピング作業が基本となりますので、
UNIVERSITY of CREATIVITY 東京キャンパス:東京メトロ・赤坂駅上23F
に来学可能な方のみに限らせていただきます。


① 6つのキーファクター
↓図の6つのうち、いずれかの専門性・ご経験をお持ちの方。




② もの・食・こと のYATAI文化
↓図にあるような「もの・食・こと」に生きるスキル・ご経験をお持ちの方。
YATAIの出店にご興味のある方。




③ 場ににぎわいを
↓図にあるような場に携わっていて、にぎわいを呼びたい方。






ゼミ日程


隔週 水曜日 19:00 〜 21:30 全10回
 
①:3 / 23 (水) 初回のみ3h:19:00 〜 22:00
②:4 / 6 (水)
③:4 / 20 (水)
④:5 / 11 (水)
⑤:5 / 25 (水)
⑥:6 / 8 (水)
⑦:6 / 22 (水)
⑧:7 / 6 (水)
⑨:7 / 20 (水)
⑩:8 / 3 (水)

※事情により、日程を変更する可能性がございます。
※UoC Tokyo campus(オンサイト)での開催を基本とします。
※新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンラインになる場合があります。



募集人数
5 〜10名

参加費
社会人3万円 ( 税込)| 学生1万5千円(税込)


 

ご応募方法

以下の2つをもって、ご応募完了とさせていただきます。

どちらかが完了できていない場合、ご応募完了とはなりませんので、
ご注意ください。

step 1

全ゼミ共通・エントリーフォームへ
必要事項のご入力


エントリーフォームへの入力に加え、各ゼミで設定している課題を提出いただくことで応募完了となります。
エントリーフォームへの入力だけでは応募完了ではありませんのでご注意ください。

エントリーフォームはコチラ
※エントリー受付は終了いたしました。



step 2

応募課題のご提出

応募者が一定数を超えた場合、選考・絞り込みさせていただきます。
↓下記内容をA4・1〜数枚以内程度におまとめいただき、メールに添付・ご提出ください。

●プロフィール・略歴
※顔写真を添付ください。
※建築家・プロダクトデザイナーの方は、ご使用可能なソフト・ツール等を教えてください。

●ご応募理由|YATAIゼミでやりたいこと
 


応募課題のご提出先 ⇨ yatai@uoc.world

※メールに
①:件名に [ YATAIゼミ・課題提出|お名前 ] を記載する。
②:課題を添付する。
をお願いいたします。

ゼミごとに課題提出先メールアドレスが異なります。お間違いのないようにご応募ください。
ご応募いただいたメールへの返答は、当ゼミ担当者から実施させていただきます。



募集スケジュール


1

募集開始:2/9(水) ~

ご応募締切:2/28(月) 正午まで
※エントリー受付は終了いたしました。

2

ご参加可否決定:3/7(月) ~
応募いただいた情報をもとに選考を行います。
3月7日以降、各ゼミの初回開催日1週間前を目途にご参加可否のご連絡をさせていただきます。

3

参加費お支払い:3/8(火) ~ ゼミ初回まで
参加が決定した皆様には、参加費の支払い方法をご案内させていただきますので、
必ず所定の方法で期限までのお支払いをお願いいたします。



YATAIゼミ アシスタント大応募!

本ゼミでは、ゼミの運営アシスタントのボランティアを募集します。
ゼミが開催される 3月 ~ 8月初旬 (想定)の間、創造性で新しい社会を作り出すための
ゼミ運営のサポートをしていただきます。
ご希望される方は、以下のフォームの内容をご確認のうえ、ご応募ください。
※ご応募いただきましたら、面談・選考を実施させていただきます。

ゼミ アシスタント応募はコチラ⇦


問い合わせ先:
info@uoc.world
課題の提出先はこちらのメールアドレスと異なります。
こちらのメールアドレスに提出いただいても課題提出とはなりませんので、
ゼミごとの専用メールアドレスにお願いいたします。

注意事項:
ゼミセッションの様子はUoCの公式記録(本、アーカイブ、ウェブ等)に
使用させていただく可能性があります。
内容や日時は参加者にあわせて変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
ご入力いただいた個人情報は『UNIVERSITY of CREATIVITYプライバシーポリシー』の考え方に基づき、
適切に取り扱います。


創造性ゼミ2022 TOP はコチラ⇦

Catalyst
img
波戸 祐輔
UoC アートディレクター

映画美学校初等科、東京芸術大学美術学部デザイン科 卒業。 UNIVERSITY of CREATIVITYにて、横断領域Play&Designのディレクターを務める。 日本人の根底にある感性、生き方を現代にリデザインするプロジェクト「IKI&SUKI」主宰。 服づくりで生まれるハギレを糸に還しあたらしい服に再生する「HANMO」のブランドディレクター、 手仕事・クラフト・手工業といわれる、個人もしくは小規模な作り手によるものづくりを対象としたマーケットプレイス「iichi」のアートディレクターを務める。

Read More