2022.8.6

New Economy

UoC協力の書籍『働く悩みは「経済学」で答えが見つかる 自分をすり減らさないための資本主義の授業』発売

本橋 彩

2020年から約2年間、経済と創造性をテーマに対話を続けてきた、UoCニューエコノミーFermentの様子がそのまま書籍になりました。

難問山積、複雑で不透明な日本と世界の社会。いったいどこから考えていけばいいのだろう?
資本主義のその先を考えるとき、カギは ”創造性”。あらゆる常識やフレームを疑いながら、人間の本質や、経済社会の課題の根源に迫り、私たちはこれから何に「価値」を感じ、なにを「欲望」し、どのような世界を創造していくのか。メディアと広告、経済社会のいわば周縁から問題をみつめてきた、NHKエンタープライズの丸山俊一氏と博報堂の安藤元博氏をカタリストに迎え、Ferment参加者と「あたらしい資本主義」をめぐる対話を続けてきました。

マルクスから斎藤幸平まで、「経済学」を越えてレヴィ=ストロースか らマルクス・ガブリエルまで...、17人の知の巨人たちによる、分野や時空を縦横無尽に駆け抜ける特別講義、 知の対話が繰り広げられます。Ferment参加者が社会に対して抱いている素朴な疑問や想いに触れながら、17人の知の巨人に扮したカタリストの丸山氏と安藤氏とが対話を重ね、お互いのインスピレーションを刺激し、想像/創造の世界に遊んだ記録が本書です。

17人の知の巨人が、あなたが日頃抱えている疑問や違和感について様々な角度から答えてくれます。”創造性”を刺激する本書を、ぜひご覧ください。

>>本書の詳細はこちら

Catalyst
img
丸山 俊一
NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー|東京藝術大学客員教授

1962年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。「英語でしゃべらナイト」「爆笑問題のニッポンの教養」「ソクラテスの人事」「仕事ハッケン伝」「ニッポン戦後サブカルチャー史」「ニッポンのジレンマ」「人間ってナンだ?超AI入門」ほか数多くの異色教養エンターテインメント、ドキュメントを企画開発。現在も「欲望の資本主義」「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」「欲望の時代の哲学」などの「欲望」シリーズの他、「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」「地球タクシー」などプロデュースし続ける。 2020年~22年 UNIVERSITY of CREATIVITY 「経済ファーメント」にてカタリストを務めた。 著書『14歳からの資本主義』『14歳からの個人主義』『すべての仕事は「肯定」から始まる』(大和書房)『結論は出さなくていい』(光文社新書)、制作班との共著に『欲望の資本主義1~6』(東洋経済新報社)『欲望の民主主義』(光文社新書)『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する/自由と闘争のパラドックスを越えて/危機の時代を語る/新時代に生きる「道徳哲学」』『AI以後~変貌するテクノロジーの危機と希望』(NHK出版新書)『世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70-90s「超大国」の憂鬱』(祥伝社)ほか。

Read More