2021.11.1

Sustainability

Circular Creativity Lab.

Circular Creativity Lab.は、創造性でサーキュラーエコノミーを推進することを目指して、越領域の企業やクリエイターと共創を進めるオープンイノベーションラボです。「ゴミ」を「資源」と捉えて越領域の創造性とマッチングさせることで再価値化していきます。

#リユース  #アップサイクル  #Circular Creativity Lab  #サーキュラーエコノミー 

ゴミとはデザインの失敗である 竹村真一(文化人類学者)




VISION 

ゴミという概念をなくし循環型社会をつくる


MISSION 

創造性によって廃棄物を「資源」として再価値化する


VALUE 

越領域の廃棄物と創造性をつなぐイノベーションラボ



廃材を活用したデザイン・アイデア募集中!11/22まで!


カタリストからのメッセージ



廃太陽光パネルを活用したエシカル商品の「Earth Mall」の展示。渋谷スクラブルスクエア「2nd Annversary」


Catalyst
img
近藤 ヒデノリ
PRESS 共同編集長/サステナビリティ研究領域フィールドディレクター/クリエイティブプロデューサー

CMプランナーを経て、NYU/ICP(国際写真センター)修士課程で写真と現代美術を学び、9.11を機に復職。近年は「サステナブルクリエイティビティー」を軸に様々な企業・自治体・地域のブランディングや広報、商品・メディア開発、イベントや教育に携わり、2020年に創造性の研究実験機関 UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)サステナビリティフィールドディレクターに就任。ゼミ「SUSTAINABLE CREATIVITY」実践編・探究編ほか、「Tokyo Urban Farming」「Circular Creativity Lab.」を主宰し、領域を越えて持続可能な社会・文化をつくる創造性の教育・研究・社会実装を行っている。 編共著に『INNOVATION DESIGN-博報堂流、未来の事業のつくりかた』、『都会からはじまる新しい生き方のデザイン-URBAN PERMACULTURE GUIDE』等。「Art of Living」をテーマとした地域共生の家「KYODO HOUSE」主宰。グッドデザイン賞審査員(2019年[取り組み・活動部門、フォーカスイシュー[地域社会デザイン]、2020年[システム:ビジネスモデル部門])他、審査員・講演多数。湯道家元で元バックパッカー、ハンモックとサウナとお酒が好き。

Read More
img
小杉 祐美子
コミュニケーションデザイナー

グラフィックデザイン・WEBプロモーション・イベント制作などのプロダクションを経て、2011年に博報堂DYグループに入社。「地域」「文化」「社会課題」をテーマに、デジタルを軸にしたコミュニケーションやリアルイベントを絡めたPRなどのプランニング・メディア開発に携わる。現在は、スポーツ×サステナビリティをテーマにSDGs推進するプロジェクトを担当。UoCでは、Circular Creativity Lab.に関わり、UoC発のアップサイクルテキスタイルブランド”anohi”立ち上げメンバーのひとり。プライベートでも、SDGsファシリテーターとしての活動や、「花の循環」をテーマにしたフラワーサイクリストとして活動中。

Read More
img
徳田 周太
プロダクトデザイナー

パソコン周辺機器メーカーでプロダクトデザイナーとして商品企画・開発業務に従事した後、博報堂に入社。 現在は、広告やモノづくりの領域を超えてクライアント企業への新規事業・サービス​開発やイノベーション支援を行う。 過去にGOOD DESIGN AWARDやオープンイノベーションを​中心とした様々なデザインプロジェクトで受賞多数。

Read More
img
武井 希望
株式会社東北新社 Repurpose Projectメンバー / CIRCULAR CREATIVITY LAB.メンバー

東北新社グループの有志30名強で成り立つTFC SDGs Projectの中で、 グループ内で発生する廃棄物の再利用法を考えるRepurpose Projectのメンバー。 このうち武井は、UoCにも参加し、Circular Creativity Labの運営にも携わっているため、 本応募にあたっての主な窓口は武井が担当させていただきます。

Read More