2022.2.9

創造性ゼミ 2022

創造性全史

人類30万年 創造性の歴史 それは わたしたちが何にトキメキを感じてきたのか 文化と文明のめくるめく感動のドラマをたどる旅でもあります 時空を超えた「感動」をキーワードに ぶっ跳んだ!創造性全史づくりにチャレンジします

星出 祐輔

#創造性  #クリエイティビティ  #creativity  #プロトタイピング  #脱人間中心  #未来の学校  #歴史の民主化 





創造性全史ゼミ はじめます
 
トキメキを感じていますか?
ハラハラしていますか?
ジューシーな想いをもっていますか?
 
人類30万年 創造性の歴史
それは わたしたちが なにに心震わせてきたのか
どんなことに心動かされていくのか
文化と文明のめくるめく感動のドラマをたどる旅でもあります
 
あなたは なにを美しいと感じるのか
なにを面白いと感じるのか なにに無条件に魅了されるのか
無意識に知りたいことはなにか 極端に学びたいことはなにか
 
本ゼミのキーワードは
時空を超えた「感動」です
グッとくる シビレる ジーンとする・・・
 
表層的な2次情報の編纂に走らずに
ひとりひとりがもっている
 
みずみずしい好奇心や童心
ユーモアやスリル
ドクドクした学びへの鼓動を出発点に
わっちゃわっちゃと ダイナミックに
未来 現在 過去を結びながら進めます

 




概要・めざしたい成果

 
ひとりひとりがもつ自分だけの感受性と
人類30万年の創造性の軌跡をダイナミックに結んで溶かして
時空を超えた「感動」を編み上げながら
ぶっ跳んだ!『オリジナル●●全史』を編纂していただきます
 
もっともらしい正論より
細胞レベルの感動を大事にします

言葉による記述にかぎらず
非言語的なふくらみ・五感による編纂も大事にします

 



自分の中の無意識の好奇心
感動の源泉を探るフィールドワークからゼミをはじめます
 
その後、各回ゼミの内容は履修者の状況によって臨機応変に組み立てていきます
 
ラップ史、感情史、マンガ史、可笑しみ史、エロティック史、もののあはれ史、
ヘタウマ史、面白職業史、珍味史、チート史、奇想史、触覚史、タブー史、
遊び尽く史、家訓史、お茶目史・・・
楽しみながらやっていきましょう。
 
美術館や博物館など、
みんなでミュージアムやピクニックに出かけるイベント企画も考えています。
たのしいオリジナルワークショップもやります。
 
本ゼミはあえて、探究テーマを所与のものとはしませんのでご了承ください。
 
 
 
 

日程について

 
隔週日曜日9:00~12:00(GW期間除く)全10回
月に2回のペースです
初回は3月27日(日)開催予定です
UoC TOKYO Campus (オンサイト)での開催を基本とします
新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンラインになる場合があります
第3回(4/24)は日程を変更させていただく予定です
 
【第1回】3/27(日)【第6回】6/12(日)
【第2回】4/10(日)【第7回】6/26(日)
【第3回】4/24(日)【第8回】7/10(日)
【第4回】5/15(日)【第9回】7/24(日)
【第5回】5/29(日)【第10回】8/7(日)


 

 
 
 
 

対象の方

 
今回は、現在在学中の方(大学・高専・高校・中学校・小学校高学年)を
対象とさせていただきます
 
※フリースクール生なども歓迎です
※いわゆる社会人の方(来年度 社会人になる方も含む)は対象外となります

ひとりひとりがもっている探究心を掘り起こしながら進めます
教科書に載っているような2次情報で知的武装する必要はまったくありません!
無知や無謀さ、可愛げやお茶目さ、伸びやかな知性を大事にしてください
 
 

 
新型コロナウイルス感染症の思わぬ まん延と さまざまな決定によって
授業、部活、サークル、友達、悪友、修学旅行、お弁当、ぞうきんがけ競争、
放課後のあそび、工場見学、恋愛、居場所、留学、青春、ヤンチャ・・・
思い描いていた学生生活が奪われてしまったという人も多いのではないでしょうか。
そして これまでの学びかたや遊びかた、生きかた も大きく変わろうとしています。
 
そんな先の見えないトンネルの中で
新しい時代を生きている学生・生徒・児童の皆さんと
人類30万年の創造性の歴史、時空を超えた感動のドラマをひも解きながら、
「部活動やサークル活動、文化祭」のように切磋琢磨し合い、
楽しみながら 縁起よく!ゼミを進めていきたいと考えています。

 
 
 

募集人数

 
最大8~10名ぐらいの少人数です
応募が多数・少数に限らず課題による選考をおこないます
本ゼミではアシスタントの募集はおこなっておりません

 
 
 

選考・課題について

 
【1】~【3】を それぞれ1枚で作成し 3枚構成にして
ひとつのファイル(PDF)として提出をおねがいします
ご提出いただいた課題をもとに選考をおこないます
ご応募方法は下記をご覧ください

 

 
 
【1】あなた自身を自己紹介してください
・制作意図とともに ⼀枚にまとめて提出をおねがいします
・手描きはもちろん表現⽅法は⾃由です(映像の場合はリンクを貼ってください)
・履修確定後 ゼミ生全体で共有する予定です
 
【2】このゼミにたいする意気込みを教えてください
 
【3】現在興味のある分野や関⼼ごとを教えてください
・ゼミ生の多様性を大事にしたいなと思っています
・人の集まり=関係性の集まり=多様な好奇心の集まりです
・ささいなことでも構いません 自由になるべく具体的にお書きください 

自分のなかの偏りやクレイジーさ、ユーモアを大事にしてください
ご応募お待ちしております!
 


 

参加費

 
学生 1万5千円 (税込)
高校生以下の方は保護者の同意が必要になります
交通費はご負担いただきますようお願いします
参考文献や制作物にかかる材料などをご購入いただく場合があります

 








 

ご応募方法

以下の2つをもって応募完了とさせていただきます。

どちらかが完了できていない場合、ご応募完了とはなりませんので、
ご注意ください。

step 1

全ゼミ共通・エントリーフォームへの
必要事項のご入力


エントリーフォームへの入力に加え、各ゼミで設定している課題を提出いただくことで応募完了となります。
エントリーフォームへの入力だけでは応募完了ではありませんのでご注意ください。

エントリーフォームはコチラ
※エントリー受付は終了いたしました。



step 2

応募課題のご提出


本ゼミでは、ご提出いただく課題をもとに選考を実施させていただきます。

本ページの「選考・課題について」をお読みいただき、
以下の課題提出先メールアドレスまでメールにてご提出ください。

※メールには以下の内容を記載のうえでご応募ください。
1、件名に [ 課題提出|お名前 ] を記載する。
2、本文に参加したいゼミの名前を記載 + 課題を添付する。
 


応募課題のご提出先 ⇨ zenshi@uoc.world

ゼミごとに課題提出先メールアドレスが異なります。
各ゼミ詳細ページをご確認のうえ、お間違いのないようにご応募ください。
応募いただいたメールへの返答は、当ゼミ担当者から個別に実施させていただきます。



募集スケジュール


1

募集開始:2/9(水) ~

ご応募締切:2/28(月) 正午まで
※エントリー受付は終了いたしました。

2

ご参加可否決定:3/7(月) ~
応募いただいた情報をもとに選考を行います。
3月7日前に連絡させていただく場合があります。
3月7日以降、各ゼミの初回開催日1週間前を目途にご参加可否のご連絡をさせていただきます。

3

参加費お支払い:3/8(火) ~ ゼミ初回まで
参加が決定した皆様には、参加費の支払い方法をご案内させていただきますので、
必ず所定の方法で期限までのお支払いをお願いいたします。


問い合わせ先:
info@uoc.world
課題の提出先はこちらのメールアドレスと異なります。
こちらのメールアドレスに提出いただいても課題提出とはなりませんので、
ゼミごとの専用メールアドレスにお願いいたします。

注意事項:
ゼミセッションの様子はUoCの公式記録(本、アーカイブ、ウェブ等)に
使用させていただく可能性があります。
内容や日時は参加者にあわせて変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
ご入力いただいた個人情報は『UNIVERSITY of CREATIVITYプライバシーポリシー』の考え方に基づき、
適切に取り扱います。


創造性ゼミ2022 TOP はコチラ⇦

Catalyst
img
星出 祐輔
UoC ディレクター

CREATIVITY FUTURE FORUM 全体統括。「創造性全史」「企業変態」「フィジカル × サイバーの新しい次元の感動体験モデル」を研究中。慶應義塾大学SFC(総合政策学部)非常勤講師。慶應義塾大学SFC研究所社会イノベーション・ラボと協働で、日本全国をフィールドワークしながら「創造性を引き出す」教育プログラムや「問いづくり」プログラムを実践中。コラボレーション・集合創造知のモデルを研究。福岡県出身、神奈川県逗子市在住。

Read More